活動記録

令和4年度の活動

ビジネスマナー教室①

7月19日(火)にビジネスマナー教室①を実施しました。

講師として ミズ・オフィス 杉ノ内 柚樹(ゆき) 様 をお招きし,面接のマナーについて講義をしていただきました。

好印象を与えるための工夫や,マスクをしていても伝わるコツなどを教えていただきました。

後半は,教えていただいたことを実践する模擬面接練習を行いました。

生徒たちは緊張しながらも,一生懸命 礼や挨拶を頑張っていました。

今日学んだことを,進路対策や実社会でもいかしてほしいと思います。

  

1学期球技大会

7月15日(金)は球技大会を実施しました。

2グループに分かれて,バドミントンのダブルスで試合を行いました。

今回は予選リーグで順位を決め,その後決勝トーナメントで優勝をかけて試合を行いました。

結果は以下のとおりです。

グループA 優勝 3年男子・先生ペア

グループB 優勝 3年男子・先生ペア

 また,自分たちの試合以外でも審判やスコア記入,応援なども率先してできていました。

笑顔いっぱいの,とても楽しい一日になりました。

 

  

 

 

地域貢献のためのものづくり③

最後は「防災ろうそく」についてご紹介します。

家庭から出る廃棄食用油をリサイクルし,災害時に使えるキャンドルとして生まれ変わらせます。

廃油には着色料で鮮やかな色をつけています。

小瓶に入った2層のキャンドルはとてもきれいです。

生徒たちは色合いを考えたり,油を丁寧に注いだり,集中して作業に取り組んでいました。

  

これらのグッズは,地域団体や被災地に寄付したり,パトロールの際に地域住民の方々に配布したり

する予定です。

 

地域貢献のためのものづくり②

続いては「エコバッグ」と「抗菌マスクケース」をご紹介します。

まず,「エコバッグ」については昨年度から本格的に製作を始めました。

今回は一枚の布でできる吾妻袋タイプのバッグを作ります。

生徒たちは黙々とミシンに向かっています。

 

続いては「抗菌マスクケース」です。

池定のマスコット「パトロル」をあしらった,キュートなマスクケースです。

作業中はゴム手袋と消毒もきちんと行い,衛生面の配慮もばっちりです。

 

地域貢献のためのものづくり①

本校では「池定・地域まもり隊」や生徒会活動の一環として,防犯パトロールや防災の呼びかけを実施しています。

その際,地域住民の方々に配布しているグッズも,池定の生徒が手作りしています。

今年も第一学期末考査終了後から,グッズづくりに取り組んでいます。

今回は生徒たちが製作したグッズについてご紹介していきます。

まずは「マーブリングうちわ」です。

カラーインクを垂らした水面にマーブル模様を作り,それをうちわに写し取ります。

同じ模様は二度とできない,唯一無二のうちわになります!

また,うちわには「避難済み」ステッカーを貼っています。

これは災害避難時に,家屋などに吊して使用することができます。

 

校外学習

7月12日(火)は,今年度最初の校外学習に行ってきました。

まずは,阿波銀行本店にて金融についての講義を聴きました。

生涯に必要なお金について計算してみたり,預金や投資の仕方について教えていただいたりしました。

講義後は2班に分かれて地下金庫を見学させていただきました。

そのあとは本店営業部へ移動し,施設見学や本店営業部の取り組みについて話を聞きました。

お金の大切さはもちろんのこと,地域と人々をつなぐ阿波銀行本店の様々な取り組みを知ることができました。

阿波銀行本店の皆様,お忙しい中 本当にありがとうございました!!

  

 

第2回人権HR

7月8日(金)のホームルーム活動では,今年度2回目となる人権HR活動を実施しました。

今回はペア活動等を通して「アサーティブな表現」について学習しました。

「レストランで自分の注文したものとは違うものが運ばれてきたら?」

「買うつもりのない商品を店員に勧められたら?」

など,様々な場面を想定して,他者の意見を受け入れつつ自分の思いを的確に伝える表現方法を考えました。

自他の気持ちを尊重することは,円滑なコミュニケーションを図る上でとても重要です。

これからも,「アサーティブな表現」を心がけて生活してほしいと思います。

  

環境教育HR

7月1日(金)のホームルーム活動にて,環境教育HRを実施しました。

国土交通省 総合政策局 増田 雄太 様 にリモート形式で講義を行っていただきました。

はじめに「グリーンインフラストラクチャー」について具体例を用いながら説明していただき,

自然環境が持つ多様な機能が社会における諸問題の解決につながることを理解しました。

後半は,「グリーンインフラ」の活用についてグループでアイデアを出し合いました。

生徒たちは活発に話し合い,面白い意見も多数出てきました。

今日学んだことを通して人間と環境との関わりについて関心を高め,

持続可能な社会づくりに貢献する人になってほしいと思います。

 

 

 

地域を知る活動①

6月30日(木)は「池定・地域まもり隊」として防犯パトロールと清掃活動を実施しました。

まず,学校を出て通学路のゴミ拾いをしながら,諏訪神社まで歩きます。

諏訪神社に到着し,全員で「二礼二拍手一礼」の参拝をした後,清掃活動のスタートです。

地域の方々と協力して,境内の掃き掃除や草むしりを行いました。

清掃後は地域の方々にお礼の挨拶をして,帰り道もゴミ拾いをしながら学校まで歩きました。

生徒たちは時間いっぱい積極的に活動することができていました。

「池定・地域まもり隊」は今後も様々な活動を通して,地域に貢献していきたいと思います。

最後になりましたが,諏訪神社関係者各位,池田町内の皆様,ありがとうございました。

 

 

道徳教育HR

6月23日(木)のホームルーム活動では,道徳教育HRということで,

本校教員が「インターネットの光と闇」について講義をしました。

今やインターネットは誰もが気軽に利用できる身近なものとなっています。

しかし,インターネットの世界にはたくさんの危険も潜んでいます。

生徒たちはクイズやアンケートを通して,トラブルに巻き込まれないようにするための対策や情報発信者として大切なことなどを考えました。

今日学んだことをいかして,インターネットを安全に活用してほしいと思います。